Identify. Invest. Enhance.
チャンスを見極め価値ある投資を

日本、中国、アメリカ―
―キャップブリッジ・グループは
3つの拠点をつなぎ戦略的国際投資機会を提供します。

キャップブリッジ・グループは自社のネットワークや能力をより活かすべく、複数の相補的事業への投資を行い、事業基盤を拡大してきました。これにより、資本パートナーと投資先企業にさらなる価値を提供しています。当グループの主たる事業には、投資一任業の認可を受けた日本法人による不動産投資運用業、不動産開発業、融資サービス業、高齢者向け住宅・介護サービス業などがあります。

Investment

キャップブリッジ・グループは、市場の非効率性を特定し、そのディスロケーションを活用した投資戦略を策定するバリュー投資に基づいた事業を展開しています。「不動産部門」と「プライベート・エクイティ部門」の2つの事業部門を置き、さまざまなリスク/リターンプロファイル、地域、資産クラスの投資プログラムを提供しています。

Development

不動産の企画・開発には、豊富な経験、卓越した設計と市場感応度、さらに高い水準の品質・センス・不動産取引の知識が求められます。キャップブリッジ・パシフィックは、事業展開する各地域の文化や環境に親和した不動産プロジェクトを実現し、地域に新たなビジネスと価値を創出することをめざしています。

Asset Management

キャップブリッジは、不動産投資サイクル全体を通して積極的な運用を維持することで資本価値の向上を実現し、多くの実績をあげてきました。当社の経営幹部は、アジア太平洋地域において、この15年間で40億ドルを超える不動産投資の取引と運用に直接たずさわってきました。

PAGETOP