Investment

キャップブリッジ・グループは、市場の非効率性を特定し、そのディスロケーションを活用した投資戦略を策定するバリュー投資に基づいた事業を展開しています。「不動産部門」と「プライベート・エクイティ部門」の2つの事業部門を置いています。

マーチャント・バンクのビジネスモデルに従い、融資申請、引受、ストラクチャリング、ファイナンス業務を行っています。また、有形不動産資産投資と、方向性の同じ投資パートナーを選定したエンティティレベル投資を行っています。厳密に規定され、調査を重視したプロセスに従い、投資サイクル全体を見渡した積極的な運用を行っています。

キャップブリッジ・グループの戦略的プロセス

  1. 特定
    リアルタイムな分析と予測により戦略を策定します。ダイナミックなネットワークを活用し、具体的な資産を特定します。
  2. 分析
    刻々と変化する市場データに対する具体的な制約を評価し[NM17] 、投資の見通しに関する深い分析を行います。
  3. 引受
    厳密なデューデリジェンス、きめ細かい財務分析、健全な戦略的事業・資産計画は、当グループの引受業務における基本です。
  4. 投資
    適切な資本構成の開発と実行により、マーチャント・バンキングを通じたリスク調整後利益に貢献します。
  5. 価値向上
    プロジェクトベースの戦略的事業、開発計画の実行により、各投資案件の資産価値最大化を実現します。
  6. 監督
    業界基準の透明性報告と評価を念頭に、説明責任を果たし、明確でプロセス重視の資産運用を行うことで、投資案件が順調に進みます。
  7. 実現
    洗練された投資プラットフォーム、スタッフの経験、優れた実行力を通し、キャップブリッジ・グループはさまざまな出口戦略を提供し、投資を大きな成功に導きます。

プライベート・エクイティ

プライベート・エクイティ投資では、私たちの専門分野である企業再編・資本再構成における投資機会に焦点を合わせ、公企業・私企業の両方における[NM19] 価値およびパフォーマンス向上をめざしてきました。当社のプライベート・エクイティ投資は、当初、2008年の世界金融危機後の金融セクターを重点分野としていましたが、最近ではアジアの医療セクターに重点をシフトしています。

医療

アジアでは高齢化が進行しており、日本や中国では、独立型のシニア向け住宅から重症ケアにいたる幅広い分野で、高齢者介護、健康教育、高齢者施設、医療サービス、技術的ニーズの劇的な増加が見込まれています。キャップブリッジ・グループは現在、アジアにおける医療プラットフォームの発展と、高齢者介護、予防医学、治療やリハビリといった分野の銘柄の成長に確かな好機を見出しています。当社ではこうした分野にゼロから取り組むのではなく、既存の中規模高齢者介護業や病院の取得、再生、リブランディング、統合を核とした事業を推し進めています。これらを元に地域全体を包括するひとつの効率的な事業基盤を形成することを目指しています。

関連会社

ヴィヴィッド・シニア・リビング

医療

ヴィヴィッド・シニア・リビングは、米国におけるシニア向け住宅事業のリーディングカンパニーであるインテグラル・シニア・リビング(本社:カリフォルニア)とキャップブリッジによる合弁会社として2015年に設立されました。中国において、シニア向けの独立型・介護型・認知症患者向け集合住宅に向けた、革新的でベストインクラスの管理サービスを提供しています。

不動産

キャップブリッジ・グループでは、さまざまなリスク/リターンプロファイルや地域の不動産投資プログラムを提供しています。「ポートフォリオ」と「オポチュニティ」戦略にのっとり、ホスピタリティ施設、医療施設、シニア向け住宅・マンションなど多様な資産クラスを対象にしています。

オポチュニティ投資やスペシャル・シチュエーションズ投資は、単発の取引をベースに行われます。一方、ポートフォリオ・プログラムは、調査を重視した投資戦略や、各投資パートナーの投資条件に合わせて行われます。まず、説得力のある人口動態データに裏付けられながらも未対応の市場における投資機会を特定します。その後、個別のポートフォリオ・プログラムを作成します。取得資産に関連する事業運営基盤の創出や、最終的に負債証券と持分証券市場へのアクセスが可能となるまでポートフォリオをスケールアップするといった戦略により、価値の最大化を図ります。

Development

不動産の企画・開発には、豊富な経験、卓越した設計と市場感応度、さらに高い水準の品質・センス・不動産取引の知識が求められます。キャップブリッジ・パシフィックは、事業展開する各地域の文化や環境に親和した不動産プロジェクトを実現し、地域に新たなビジネスと価値を創出することをめざしています。

Asset Management

キャップブリッジは、不動産投資サイクル全体を通して積極的な運用を維持することで資本価値の向上を実現し、多くの実績をあげてきました。当社の経営幹部は、アジア太平洋地域において、この15年間で40億ドルを超える不動産投資の取引と運用に直接たずさわってきました。

PAGETOP